企業理念|リゾート物件所有者様の問題解決

『負動産』『空き家』『休眠分譲地』の問題を解決するリーディングカンパニーを目指す。

 弊社グループ独自の『買取り処分』(Resort Bank-System)を提供し、引き取った物件の活用としてリゾート物件販売専門のWEBサイト『リバイブリゾート・システム』(www.reviveresort-system.co.jp)の運営を通じて、Revive Resort-System:リゾート地域の活性化を目指し、休眠分譲地・空き家の再生・循環を目標とし、活動しております。
 今後については、貸別荘、シェアファームの運営も準備中です。リゾート物件ご所有者様の問題を解決する為のお力になれる様、誠意をもって業務に取り組んでおります。


ご 挨 拶

社長

 長きにわたり私はリゾート物件の売買に携わり、かれこれ二十数年が経とうとしています。今日まで大変多くの方々のご相談を受けて参りました。

 かつて土地価格が上がり続けた時代に、投資目的で購入されたリゾート地が、今となっては値段がつかなくなってしまった方や、山林や原野を「別荘地」と称して格安で売り出す「原野商法」に気付かず購入してしまった方、管理会社が倒産したリゾート会員権をお持ちの方など、売却に出しても売れずに数十年にわたり土地の管理費や固定資産税等を泣く泣く払い続けている方がいらっしゃいます。

 そんな方々も子供にだけは絶対相続させたく無いと思われる方が多く、その一方で市場価値がない原野や山林を相続したくないからと、相続人が相続放棄されるケースが年々増加しております。

 不動産はやはり私達の生活の中で切っても切り離せないものであり、購入された方の思いや夢、価値観、想い出が詰まっています。ですが、結果として今は「負動産」となり困っている方々の気持ちを踏みにじる詐欺などが横行しているのも事実です。そんな時代に、お困りの方が安心して「負動産」を託す事が出来るような会社を自身が作りたいと思い立ち、今日に至っております。

 近年は、少子高齢化に伴う地域の衰退や相続放棄によって手放される不動産、空き家問題など問題は深刻化する一方ではありますが、自分自身に何ができるのか、一個人としてどのような形で今後社会に貢献できるのか、常に自問自答しながら「負動産」にお困りの方のお力に少しでもなれるよう、微力ながら尽力させていただく所存です。

 お客様の「未来の安心」をお手伝いさせて頂ければ幸いに存じます。

 

リゾート・バンク株式会社
リバイブリゾート・システム株式会社
代表取締役 新庄 延行

 人気のコンテンツ