リゾート物件買取り処分のご案内|売却困難な土地・別荘・リゾート会員権の処分なら

 リゾート物件の種類ごとの処分についてご紹介。売却困難な土地・別荘の処分のことならリゾート・バンク グループにお任せください。弊社では、市場で売却困難な「土地」「別荘」「リゾート会員権」などを有償でございますがお引き取り(弊社に移転登記)させて頂いております。

※弊社では自社グループ所有の物件以外の販売・仲介は行っておりませんので、市場性のあるリゾート物件は他社へお問い合わせください 。

   業務案内(業務別の詳細)

 「別荘地(原野・山林)の処分」 RRS(リバイブリゾート・システム)

別荘地の処分

 高度経済成長期からの別荘ブームはとうに去り、今は残念ですが別荘用地は売りたいと思ってもほとんどのものが値段がつかなくなっています。富裕層にとって、ステータスシンボルのような存在であった別荘や、建築予定が思うようにいかなかったのか、そのまま放置状態になっている別荘用地が全国にたくさん存在し、今日本で「社会問題」となっています。



 





 「別荘・空き家の処分」 RRS(リバイブリゾート・システム)

空家の処分

 別荘を建築され、数十年放置状態の場合は廃墟になっている場合もあり、その場合は撤去が必要となってきます。迷惑雑草に廃墟となると、やはり別荘用地のみよりも、建物の倒壊や火事など周りの居住者の方にとっては心配が尽きないでしょうし、勿論、所有者の方も売却できるはずもなく、頭を抱える問題となっている事が多いようです。







 「リゾート会員権の処分」 RRS(リバイブリゾート・システム)

リゾート会員権の処分

 一部の有名なリゾート会員権は今でも流通しているものもありますが、それ以外のほとんどの会員権は買い手がつかない状況です。会員権についても過去に運営会社が倒産していたり、高齢でもう利用しなくなったにもかかわらず売却できずに、ずっと勿体無いと思いながら年会費を払い続けている方が沢山いらっしゃいます。当社では会員権につきましても買取り処分をご案内しております。



 



 「貸別荘業」 RB(リゾート・バンク)

貸別荘業

 弊社では、過去にご処分された別荘について、勿論取壊しも視野にいれつつ、できれば活用させていただく方向でも考えております。確かに、お客様がご処分される位の建物ですので、痛みが激しい場合もございますが、定期的に行っている現地視察に参りますと、 ご処分された方がかつて数十年前に、何故「この場所」で「この建物」を建てられたのか、手に取るように感じる部分がございます。

 






 「別荘・別荘地管理業」 RB(リゾート・バンク)

現在、新規受付はしておりません。

リゾート物件の処分についてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ  0120-152-993

campaign