業務内容|リゾート物件処分のご案内|売却困難な土地・別荘の処分なら

業務内容

「別荘地(原野・山林)の処分」

IMG_0008

 高度経済成長期からの別荘ブームはとうに去り、今は残念ですが別荘用地は売りたいと思ってもほとんどのものが値段がつかなくなっています。富裕層にとって、ステータスシンボルのような存在であった別荘や、建築予定が思うようにいかなかったのか、そのまま放置状態になっている別荘用地が全国にたくさん存在し、今日本で「社会問題」となっています。

 購入者の高齢化により、そのお子様からのご相談が現在大変増えています。別荘地が放置状態となればまず問題になるのは迷惑雑草です。雑草は、やはりこまめに手入れをしなければ、どんどん生い茂るので、まわりの別荘居住者にとっては大変迷惑です。居住者はどこにそれを相談すればよいかわからず、役所に相談します。結果、役所が行政代執行で草を刈る事になり、最終的に所有者に草刈り代金が請求される事になった事例も多々あります(日経電子版記事)

 親が別荘用地を所有していた事を認識されていなかったお子様に、かなりの時間を経てその請求がくることもあります。その他にも、空き地の不法投棄や、不審者出没による火事、原野商法の二次被害(政府広報オンライン記事)など、今全国の別荘地では問題(国土交通省資料)が山積みです。

別荘地処分

 お子様が相続し、引き継がれ、例えば業者に手入れを依頼したとしても、それなりに管理費用が継続してかかりますし、そのほか固定資産税も永久にかかり続けます。やはり、購入された所有者様ご自身で方向性を見極め、もしお持ちの土地が放置状態の場合はお早目の判断をされた方が良いかと思います。当社では『買取り処分』をご案内しております。

 

「空き家・廃屋の処分」

image7

 別荘を建築され、数十年放置状態の場合は廃墟になっている場合もあり、その場合は撤去が必要となってきます。迷惑雑草に廃墟となると、やはり別荘用地のみよりも、建物の倒壊や火事など周りの居住者の方にとっては心配が尽きないでしょうし、勿論、所有者の方も売却できるはずもなく、頭を抱える問題となっている事が多いようです。

 ご所有の土地の管理会社も困っている場合が多く、誰が一番困るかというと、それを相続された所有者様のお子様です。そのような場合、お子様に管理費の請求が来ますし、例えば管理費を滞納されている場合などは、まとまった請求が突然きたりします。

 別荘を手放す為にお子様が原野商法の二次被害にあわれる事も多く、注意が必要です。悪徳業者はお子様の世代がどうすればいいかわからず困っている事につけこみ、売れないものを「売れますよ」(国民生活センター資料)と言い、色々な提案をしお金を沢山取ろうとしてきます。土地だけでもそういった事はありますが、建物付きの場合はかかる費用も何かと大きいので、お子様もなんとか売ろうと頑張ろうとします。

 建物付きの場合は、処分費用の他に改修費用もしくは取り壊し費用を別途お客様にご負担頂いておりますが、すぐにご処分が可能です。

「リゾート会員権の処分」

image1

 一部の有名なリゾート会員権は今でも流通しているものもありますが、それ以外のほとんどの会員権は買い手がつかない状況です。会員権についても過去に運営会社が倒産していたり、高齢でもう利用しなくなったにもかかわらず売却できずに、ずっと勿体無いと思いながら年会費を払い続けている方が沢山いらっしゃいます。当社では会員権につきましても買取り処分をご案内しております。

取り扱い会員権:紀州鉄道コンポーネントオーナーズ、白浜ランスロットマンション、メルヴェール有馬、その他倒産した会員権もご相談ください。

 

「貸別荘業」

am500_in1

 弊社では、過去にご処分された別荘について、勿論取壊しも視野にいれつつ、できれば活用させていただく方向でも考えております。確かに、お客様がご処分される位の建物ですので、痛みが激しい場合もございますが、定期的に行っている現地視察に参りますと、 ご処分された方がかつて数十年前に、何故「この場所」で「この建物」を建てられたのか、手に取るように感じる部分がございます。 眺望が素晴らしかったり、鳥のさえずりが心地よかったり、空気が大変美味しかったりなど、お客様も当時は大変な魅力を感じられて ご購入や建築をされたのだと思います。今となっては建物は確かに古びていても、それぞれの場所、建物に魅力がございます。

貸別荘業

 

 弊社では、勿論今にも倒壊してしまいそうなものに関してはタイミングをみて取壊しを検討しておりますが、うまく手を加える事で、もしまた建物として生き返る事が可能であるなら、活用できる状態にし、是非今後皆様にご利用いただければと考えております。

 

「貸別荘業」ひるがの高原、天城高原、鈴蘭高原、三岳高原、伊豆高原、東条湖、野尻湖、有馬、 ラインナップ追加中

写真をクリックすると、各分譲地のWEBサイトにジャンプします。各施設の運営と、弊社は一切関係ございません。別会社ですので、各施設へのお問合せ等はご遠慮ください。 (PC・タブレットのみ)

 

リゾート物件の処分についてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ  0120-152-993

業務内容