売却がむずかしい別荘地の特徴 対策や処分方法についてご説明

【別荘・別荘地の処分】

売却がむずかしい別荘地の特徴 対策や処分

売却が難しい別荘地


ご自身での購入や両親からの相続により、別荘地を所有している方の中には、今後利用予定がないため処分を考えられている方もいらっしゃるかと思います。
できれば現金化をしたいので、売却を検討していてもなかなか好条件で売却ができない、もしくは売却自体を受け付けてくれないこともあるでしょう。
本記事では、売却がむずかしい別荘地の特徴や、対策・処分方法についてご説明します。

売却がむずかしい別荘地の特徴

こちらでは、売却がむずかしい別荘地の特徴をご紹介します。

環境

道路が整備されていなかったり、建物が少なく放棄地が目立ったりする別荘地は、売却がむずかしくなる要因のひとつとして挙げられます。

都会から離れた別荘地とはいえ、寂れたイメージがある別荘地は人気が低く、不動産価値が低いので買い手がつかず、結果的に売却がむずかしくなります。

建築費用が高い

土地が傾斜している、樹木が多いので伐採をしなければならないなど、大規模な工事が必要な場合、多額の建築費用が発生します。

購入を検討されている方からすると別荘地と建築費用だけでも多額の費用が掛かるので、それ以上の出費となると敬遠される方がほとんどです。
そのため、建築費用や、工事費用が高い別荘地も売却がむずかしい要因であるといえます。

狭小地

狭く小さな土地を示す狭小地にある別荘地も、利用用途が限られるので売却がむずかしい物件です。
狭小地は不動産会社からすると、利用用途が少ないので売りにくい物件のひとつです。
そのため、ローンが組みにくかったり、現金一括払いでなければ対応してくれなかったりなど、買い手にとって不利な条件が多い傾向にあります。

買い手がつきにくく、維持・管理費用が発生し続ける可能性が高い狭小地も売却がむずかしい別荘地であるといえます。


どうしても売れない場合の処分方法

売れない時の対処法




さまざまな不動産会社に売却を相談しても、売却ができなかった場合はどのように処分すれば良いのでしょうか。
こちらでは、どうしても売れない場合の処分方法についてご説明します。




贈与

土地を法人や別の方に無償で贈与する処分方法です。
注意点として、贈与された土地の維持・管理費用が発生するので、贈与を受け付けない自治体もあります。
⇒よくある質問参照

相続放棄

両親や親族からの財産相続時に、ほかの財産と併せて相続を放棄する方法です。
財産をすべて放棄するため、手元に残せるものを選べない点には注意が必要です。
ほかの財産を確認し、相続するべきなのか、放棄するべきなのかを慎重に考えてから答えを出しましょう。

買取り処分業者に依頼

資産価値が無い別荘地などの、いわゆる「負動産」を買取処分する業者への依頼は有効な解決手段であるといえます。
費用は掛かりますが、遺産相続時でも負動産のみを処分することができます。
買取り処分に費用が掛かる理由は、移転登記費用や管理費用が必要だからです。
⇒『買取り処分』について

買取り処分の流れ

買取処分の流れ

不動産価値がない別荘地の売却がむずかしいとご理解されたところで、どのような流れで買取り処分が進行するのかが不安な方もいらっしゃるかと思います。
こちらでは、当社での買取り処分の流れをご紹介します。
1. 問い合わせ・詳細資料を送付
2. 買取り処分の申し込み書、売買契約書への記入・送付
3. 司法書士より本人確認の連絡
4. 所有権移転に関する書類への記入・送付
5. 法務局への移転登記申請
6. 所有権移転完了のお知らせ
7. お振込みでの残金決済
⇒安心と信頼の取引

おわりに

本記事では、売却がむずかしい別荘地の特徴や、対策・処分方法についてご説明しました。
別荘地によっては周囲の環境が整っていない、建築費用が高い、狭小地などの理由により売却がむずかしい土地もあります。

買取り処分業者に依頼をすることで、今後利用しない別荘地を買取処分してくれるので、月々・年間の費用を抑えることができます。
負動産をお持ちで、処分を検討されている方は、一度買取処分業者に相談してはいかがでしょうか。

コラム一覧 << 前のコラム 次のコラム >>

売却困難

この記事を書いた人
リゾート・バンク コラム部
私たちは、リゾート物件の『買取り処分』を専門とする、所有者様の問題解決のお手伝いをする会社です。
リゾート物件の処分に役に立つ情報を発信しております。

 

リゾート物件の処分についてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-152-993

2022年02月08日|コラムのカテゴリー:別荘・別荘地の処分