売れない別荘地の処分方法|とにかく土地を手放したい人必見

【別荘・別荘地の処分】

売れない別荘地の処分法|土地を手放したい

土地を早く手放したい


かつてバブル期に成功者や富裕層が購入した別荘地が、現在売却できないという現象が起きています。
なぜ別荘を売ることができず、またどのように処分をすれば良いのでしょうか。
本記事では、売れない別荘地の処分方法についてご説明します。

別荘地がなかなか売れない理由

結論として、別荘地が売れない理由はその土地に需要がないことが挙げられます。
一般的に別荘地は山や森林といった郊外にあるため、住宅用の物件よりも移動が不便だったり土地と建物の管理に手間がかかったりします。
また、別荘地内で不法投棄などのトラブルが発生した場合は別荘地の所有者に責任が及ぶだけではなく、住宅用の物件と同様に固定資産税など不動産に関する税金も発生します。
このように、維持・管理に多くの費用や作業が必要なため、別荘地がなかなか売れない原因となっています。


売れない別荘地の処分方法

売れない別荘地の処分方法


こちらでは、売れない別荘地の処分方法についてご説明します。

知人や親族に譲渡する

「売却」ができない場合、まずは知人や親族に「譲渡」することを考えましょう。
当人同士での決定のため、相談を受け入れてくれる可能性はあります。
譲渡に関する注意点は、無償での提供であるため収益を得ることはできないことと、別荘地を受け取る方には贈与税が課せられることです。

自治体に寄付する

自治体によっては、売却ができなかった土地の寄付を受けてくれることがあります。
資産価値が認められなかったり、利用用途が無かったりする場合は寄付を受けてくれない可能性がある点には注意が必要です。

不動産会社・管理会社に処分を依頼する

別荘地周辺の土地を販売している不動産会社に相談すると、処分依頼を受けてくれる可能性があります。
また、別荘地の管理会社は一般的な不動産の管理会社と異なるネットワークを持つため、別荘地を探している人に問い合わせてくれることもあります。
そのため、自宅のポストに投函されたチラシやインターネットに掲載されている不動産会社や管理会社に相談をすることも、別荘地の処分には有効な手段であると言えます。


相続が絡む場合は相続放棄も検討

別荘の手放し方


両親から売れない別荘地を相続する際には、「相続放棄」という選択肢も視野に入れましょう。
こちらでは、売れない別荘地を相続放棄する際の注意点をご説明します。

別荘地のみの相続放棄はできない

相続放棄は、相続する財産すべてを放棄することです。
そのため、売れない別荘地だけ放棄するというように相続する財産を選択することはできません。
もしも相続放棄するべきか迷った場合には、弁護士や税理士に相談しましょう。

相続放棄しても管理義務は残る

兄弟がいる場合、ひとつの別荘地を複数人が相続・所有することになります。
民法第940より、最後に相続放棄をした人は放棄後も適切に管理しなければならない旨が明記されています。
そのため、自分が最後に相続放棄をした際は管理責任が残るため、別荘地内でのトラブルが発生した際は賠償責任を負う可能性があります。
相続放棄をする際には、相続が開始されることを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に放棄の旨を申し立てる必要があります。
もしも3ヶ月を過ぎてしまうと、売れない別荘地を含む財産を自動で相続することになります。


おわりに

本記事では、売れない別荘地の処分方法についてご説明しました。
別荘地が売れない理由は、移動の不便さや維持・管理の大変さによる需要の少なさが原因です。
処分方法としては親しい人や知人や親族への譲渡、自治体に寄付、不動産会社・管理会社・処分専門の業者への依頼が挙げられます。
別荘地を相続する可能性がある方は、相続放棄も選択肢として考えておくことをおすすめします。
維持・管理費の削減や管理責任から解放のためにも、売れない土地は早めに処分しましょう

出典:e-Govポータル(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089

コラム一覧 << 前のコラム 次のコラム >>

手放し方

この記事を書いた人
リゾート・バンク コラム部
私たちは、リゾート物件の『買取り処分』を専門とする、所有者様の問題解決のお手伝いをする会社です。
リゾート物件の処分に役に立つ情報を発信しております。

 

リゾート物件の処分についてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-152-993

2022年05月16日|コラムのカテゴリー:別荘・別荘地の処分