別荘地への移住はあり?メリットとデメリットをまとめてご紹介

【別荘・別荘地の処分】

別荘地に移住


別荘地を所有している方や、これから購入を考えている方の中には、現在の居住地を離れて別荘地への移住を考えている方もいらっしゃると思います。
別荘地に移住する際には、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか。
本記事では、別荘地への移住に関するメリットとデメリットをまとめてご紹介します。

別荘地への移住のメリット・デメリット

移住のメリットデメリット




別荘地への移住には、メリットとデメリットがあるため、それぞれを知っておくことが重要です。
下記、別荘地への移住に関するメリットとデメリットをご紹介します。



メリット

豊かな自然に囲まれて静かに暮らすことができる

海岸沿いや森林の中にある別荘地に移住すると、豊かな自然に囲まれて静かに生活を送ることができます。
別荘地によっては、自治体など近隣住民と関わりを持つことが少ない場所もあるため、ほかの人に気を遣わずに生活を送ることができる点もメリットといえます。

土地を探す必要がない

別荘地や別荘を両親からの相続などによって既に所有している場合、移住先の土地や建物を探す必要がありません。
所有している別荘地に訪れたことがある方なら、別荘地周辺の土地勘や別荘の使い勝手を理解しているため、移住前後のギャップに悩むことはありません。

デメリット

インフラが整っていないことが多い

別荘地によっては道路や電車といったインフラが整っていないことがあるため、移動に不自由を感じることがあります。
また、都会の場合は少し歩けばスーパーやコンビニ、病院といった施設が近くにあることが多いですが、別荘地の場合は車で移動しなければ目的地にたどり着けないことが多いです。

管理が大変

別荘地によっては、草刈りや除雪といった作業が必要な場所があります。
土地の管理を怠るとケガや不法投棄といった、敷地内でのトラブルが発生した場合に責任対応を取らなければなりません。
そのような事態を避けるために、移住後の別荘地は常に最適な状態に保つ必要があります。
自分で別荘地の管理を行うことが難しいようでしたら、費用を支払って管理会社に任せると良いでしょう。

所有している別荘地に建築するところから始まる

移住したいと考えている別荘地には、建物が建っていない状態であり、建築するところから始まるため、住み始めるまでに時間がかかってしまう点はデメリットです。
しかし、土地代を抑えることができたと考えると、建物に費用をかけてこだわることも可能ですので一概には言えないでしょう。


別荘地によって該当しないメリット、デメリットがあるため、まずは希望する別荘地に短期間住んでみるのも移住先のことを深く理解するために有効な手段です。

別荘地に住む予定がないなら処分を検討しよう

別荘の手放し方


別荘地を所有している方の中には、「もったいないから」といった理由で別荘地への移住を考えている方もいると思います。
しかし、先述のメリットとデメリットを考えた際に、デメリットの方が大きいこともあるでしょう。
そのような場合、無理に別荘地に移住することを考えず、業者に処分をしてもらうことも検討しましょう。『買取り処分業者』
別荘地の処分には、費用が発生しますが、長期的に見ると所有することにより恒久的に発生する固定資産税や光熱費といった維持費用の方が高くなることがあります。
また、現在の生活を離れて別荘地に移住をすると、老後の生活にも不安を覚える方もいると思います。
もったいないといった気持ちで移住を検討している方は、一度別荘地の処分業者に相談してみましょう。


おわりに

本記事では、別荘地への移住はあり?メリットとデメリットをまとめてご紹介しました。
別荘地に住むためには、メリットとデメリットを踏まえて不自由なく生活ができるのかを考えなければなりません。
もしもデメリットの方が大きいと考えた場合、維持費を支払い続けなくてもいいように別荘地の処分を検討しましょう。

弊社では、リゾート物件(土地・別荘・リゾート会員権)の『買取り処分』を専門に、所有者様の問題解決をお手伝いしております。

コラム一覧 << 前のコラム 次のコラム >>

この記事を書いた人
リゾート・バンク コラム部
私たちは、リゾート物件の『買取り処分』を専門とする、所有者様の問題解決のお手伝いをする会社です。
リゾート物件の処分に役に立つ情報を発信しております。

 

リゾート物件の処分についてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-152-993

2022年04月22日|コラムのカテゴリー:別荘・別荘地の処分