別荘は早く手放す方が良い?早めの処分がおすすめの理由

【別荘・別荘地の処分】

別荘は早く手放す方が良い?早めの処分

別荘地を早く手放す


両親からの相続や自身で購入した、家族で長期休暇などの際にレジャーとして楽しむための別荘。
しかし、ライフスタイルや私情の変化により、徐々に使用頻度が下がり、ついには利用しなくなってしまうことがあるかと思います。
その際に、手放すべきかどうかを検討することになるでしょう。
今回は、使わなくなった別荘は早く手放すべきなのか、また早めに手放した方が良い理由と手放す際に必要なものについてご説明します。

別荘は早く手放す方が良い?

結論から申し上げると、使わなくなった別荘は早めに手放す方が良いでしょう。
というのも、別荘を所有するということは、固定資産税や別荘の管理費が常にかかり続けるということになるため、大きな負担となってしまうからです。

また、時間が経つにつれ別荘は、老朽化が進み、また土地の価格も変動してしまうため、気づいた時には別荘の買い手が見つからなくなってしまう、ということが起きるためです。
手放すタイミングとしては、別荘に行く頻度が少なくなった、もしくは全く行かなくなった、管理費が負担になってきたなどそれぞれですが、手放すことを検討した段階で、不動産業者や買取り処分の業者に相談してみると良いでしょう。


別荘を手放す方法

手放す方法


別荘を手放す方法は、売却、無償譲渡、業者への買取り処分依頼があります。
売却については、現在所有している別荘を現金化できるので、まずは売却できるのか、土地の需要や価格、別荘の状況などを含めて、不動産業者に相談しましょう。

無償譲渡については、現金化できないものの、固定資産税などのランニングコストがかからなくなることを考えると金銭的余裕が生まれます。こちらは、自治体や親族、友人知人などへの譲渡という形で進行することになります。



しかし、条件や価値次第では買い手、譲渡先がどうしても見つからない場合があります。
そのような場合、『買取り処分』専門業者に処分をしてもらいましょう。
業者に処分を依頼する際には、一時的に費用がかかることがありますが、条件次第では今後ランニングコストが発生しなくなりますので、どうしても売れなかった、無償での譲渡先が見つからなかったという場合は、こちらの方法を検討しましょう。


別荘を手放すために必要なもの

手放す際に必要な物


別荘を手放す際には、まずは別荘の状況を確認するようにしましょう。
外壁や内部が老朽化したままだと、修理費が必要になるため、なかなか買い手が見つからない場合があります。
ただし、修繕してから売却にだしても、必ず売れるという保証はないので、まずは専門業者に相談し、方向性を見極めてから動かれる事をおすすめします。

どちらにしても、売却時や処分時には登記済み権利証や身分証明書、間取り図のほか検査済証(建築物)などの書類が必要になります。
いざ手放す際に、バタバタしないように、今のうちに上記書類を準備しておきましょう。


おわりに

今回は、別荘を早く手放すべきなのか、また早めの処分がおすすめな理由と処分時に必要なものについて、ご説明しました。別荘を所有していると、固定資産税や管理費などのランニングコストが発生するため、それらのコストが負担となっている。また、今後利用する予定が無いと判断した場合は、すぐに、不動産会社や『買取り処分』専門業者に相談するようにしましょう。

手放す方法については、優先度順に売却、無償譲渡、買取り処分業者への処分依頼の3種類があります。
まずは、現金化ができるかを考え、買い手が見つからなかった場合は、無償譲渡、無償でも譲渡先が見つからない場合は、『買取り処分』専門業者に処分を依頼しましょう。

処分の際に、必要な書類については、登記済権利証や、身分証明書、管理規約、間取り図などになります。
思い出が詰まった、別荘を手放すのは、少し気が引けるかもしれませんが、コストが掛かり続ける別荘地を手放すことは、将来的にも良い選択と言えるでしょう。

コラム一覧 << 前のコラム 次のコラム >>

別荘地の処分

この記事を書いた人
リゾート・バンク コラム部
私たちは、リゾート物件の『買取り処分』を専門とする、所有者様の問題解決のお手伝いをする会社です。
リゾート物件の処分に役に立つ情報を発信しております。

 

リゾート物件の処分についてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-152-993

2021年08月12日|コラムのカテゴリー:別荘・別荘地の処分