負動産は活用できる?活用する前に検討することと併せて解説

【負動産の処分】

負動産は活用できる?活用する前に検討

負動産は活用できるのか


両親や親族から相続した土地・建物が、収益化が難しい負動産だったという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
負動産は利用価値がほとんどないため、売却が難しい不動産のひとつです。
そのような方は有効活用して価値を出そうと考えられると思いますが、負動産は有効活用できるのでしょうか?
本記事では、負動産は活用できるのかについて、活用する前に検討することとあわせて解説します。

負動産の活用方法

負動産は、下記の方法で活用できることがあります。

賃貸に出す

負動産である土地と建物を相続した方のなかには、賃貸物件として貸し出そうと考えられている方がいらっしゃいます。
賃貸物件として貸し出すことによって、毎月家賃収入を得ることができるため、生活費などに充当することができます。
また、近年では働き方改革によって1日貸しや時間貸しなどの需要が増加傾向にあります。
しかし、負動産は長年放置されていることが多いため、建物の老朽化や雑草が生い茂っている状態のものがほとんどです。
そのような場合、リノベーションや修繕をしてから賃貸に出しましょう。

建て替える

リフォームやリノベーションでは修繕できないほど老朽化している場合、建物の建て替えを検討しましょう。
戸建てからアパートやマンションといった収益不動産に建て替えることにより、多額の不動産収益を得られる可能性があります。
しかし、収益不動産に建て替える際は解体費用や建設費用など、初期費用が発生します。
そのため、多くの方は金融機関でローンを組んで建て替える傾向にあります。

更地にする

リフォームやリノベーション、建て替えなどを行わずに収益化するには、建物を取り壊して更地にしましょう。
一般的に、更地は賃貸ではなく売却によって所有権を譲渡し、売買によって収益を得ます。
土地を購入した方は自分が希望する建物を自由に建てることができるため、満足度が高い取引だと言えます。
しかし、負動産がある土地は交通アクセスや道路の整備が不十分なことが多いため、買い手が見つかりにくい可能性が高いです。


活用する前に検討すること

別荘の手放し


負動産を活用する際には、「税金」「建物の老朽化」「空き家リスク」に注意しましょう。
負動産を所有し続けることで固定資産税や都市計画税などが継続して発生するため、家計を圧迫する要因のひとつになります。
建物が老朽化している場合、維持費やメンテナンス料などが発生します。
建て替えの際にも高額な費用が発生することから、負動産を所有・活用する際は高額な費用が必要です。
また、建て替えの有無にかかわらず、近隣住民を危険にさらしてしまう可能性がある「空き家リスク」に注意しなければなりません。
空き家リスクには景観の悪化やゴミの不法投棄、火災の被害などが含まれており、所有者には管理義務が課せられます。
このように、負動産を活用する前にはさまざまな問題について考える必要があります。


負動産の活用が難しい場合は業者に処分を依頼する

負動産の活用が難しい場合処分を依頼


結論として、負動産を活用するには多額の費用が必要になるほか、活用が難しい場所にあることから収益化は難しいです。
しかし、負動産を所有する限り税金や管理費用などを支払い続けなければならないため、生活を圧迫してしまいます。
負動産の活用・処分方法に悩まれている方は、当社のような処分業者にご相談ください。
処分時には費用を支払う必要がありますが、以降ランニングコストが発生しないため、結果として生活を圧迫することはありません。
また、これから財産の贈与を受ける方は、すべての財産を引き取ってから負動産だけ処分することも可能です。


おわりに

本記事では、負動産は活用できるのかについて、活用する前に検討することとあわせて解説しました。
負動産の活用方法には賃貸に出す・建て替える・更地にするといった方法があります。
しかし、負動産を所有することによって税金・建物の老朽化・空き家リスクについて考えなければなりません。
負動産を手放して不安を解消したい方は、負動産の処分業者に相談しましょう。

<<前のコラム 次のコラム >>

別荘地の処分原野商法について

 

コラム一覧に戻る

カテゴリー別コラム

関連コラム

>新着コラム
>別荘・別荘地の処分
>土地の放棄
>不動産の税金
>原野商法について
>負動産の処分

会社ロゴ

この記事を書いた人
リゾート・バンク コラム部
私たちは、リゾート物件の『買取り処分』を専門とする、所有者様の問題解決のお手伝いをする会社です。
リゾート物件の処分に役に立つ情報を発信しております。

 

リゾート物件の処分についてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-152-993

2023年07月04日|コラムのカテゴリー:負動産の処分