負動産になりそうな実家は「実家じまい」をしておこう

【負動産の処分】

負動産になりそうな実家は「実家じまい」を

実家じまいをしておこう


負動産のなかには、相続によって取得した原野や空き家などのほか、現在両親が住んでいる実家も含まれることがあります。
かつては高い価値があった実家でも、年月の経過とともに価値が下がってしまい、負動産となってしまった物件が見受けられます。
両親のなかには子どもたちに負動産を相続させないように、「実家じまい」をされる方がいらっしゃいます。
本記事では、負動産になりそうな実家の処分方法のひとつである「実家じまい」についてご説明します。

「実家じまい」とは?

実家じまいとは、実家の家財道具や家屋などを処分することを指します。
近年では高齢化の影響により、両親を老人ホームに入れて終生を送ってもらうことが多くなりました。
その際、実家を保有し続けていると誰も住んでいないのに光熱費や固定資産税を支払わなければなりません。
老人ホームに入るようなご両親は職に就いていないことが多いため、そのしわ寄せは子ども世代に影響を及ぼします。
そのため、家庭によっては両親を老人ホームに入れる前に、協議の上実家じまいをする方が多くなりました。


実家じまいの手順

別荘の手放し






こちらでは、実家じまいの方法をご紹介します。





事前準備

実家じまいを本格的に始める前に、両親がご存命で元気なあいだにどのように処分するのかを話し合いましょう。
実家を継ぐ・継がないのほか、両親が所有している財産を事前に把握しておく必要があります。
一方、両親が健康なときに実家じまいをすると、住む場所がなくなってしまうため住み替え先も探しておきましょう。

不動産業者に相談する

家財を整理したあとは、不動産業者に相談しましょう。
多くの方は不動産に関する知識が少ないため、自分たちで処分するとなると時間を掛けてさまざまな処理を行わなければなりません。
不動産業者では、下記のような処分を行います。

売却

不動産業者の社員が現地を訪問して、価値がある物件だった場合売却することができます。
下記、売却までの手順です。
1. 実家の価値を調べる
2. 仲介役の不動産業者を選定する
3. 買い手を探す
4. 買い手が実家を内覧する
5. 売買契約を締結する
6. 買い手に実家を引き渡す

以上の手順より、不動産を売却するまでにはさまざまな手順を踏まなければなりません。
また、買い手を探すためにはチラシの発行や広告料など、さまざまな出費が発生する点には注意が必要です。

解体

実家の状態によっては老朽化が進行しており、なかなか買い手が見つからないことがあります。
両親が長年住んでいた実家は、築数十年であることも多いものです。
そのような場合、建物を解体して土地のみを売りに出す方法が挙げられます。
不動産業者は、物件の状況を見て売却するべきなのか・解体するべきなのかを判断して提案します。


実家じまいの際は負動産処分業者にも声を掛けよう

実家じまいの際は負動産処分業者


先述の通り、実家じまいの際は可能な限り現金化を望む方が多いものです。
しかし、築年数が古かったり、立地条件が悪かったりする土地は買い手がなかなか見つかりません。
買い手を探しているあいだにもさまざまな出費が発生するため、生活を圧迫してしまうことでしょう。
買い手が見つからない実家を手放す際、負動産処分業者にも声を掛けておくことをおすすめします。
処分時には一時的に費用が発生しますが、以降はランニングコストが発生しないため、生活の負担を減らすことができます。
実際に、近年の日本では実家に価値が付かないことが多く、処分業者に依頼する方が多くいらっしゃいます。


おわりに

本記事では、実家じまいの方法をご紹介しました。
実家じまいとは家財や不動産を、両親が生前のときに処分することです。
一般的な処分方法は売却や解体になりますが、思ったように買い手が見つからないことが多いです。
これから実家じまいをしようと考えている方は、負動産処分業者にも声を掛けておきましょう

キャンペーンサイト

<<前のコラム 次のコラム >>

別荘地の処分別荘地の処分

 

コラム一覧に戻る

カテゴリー別コラム

関連コラム

>新着コラム
>別荘・別荘地の処分
>土地の放棄
>不動産の税金
>原野商法について
>負動産の処分

会社ロゴ

この記事を書いた人
リゾート・バンク コラム部
私たちは、リゾート物件の『買取り処分』を専門とする、所有者様の問題解決のお手伝いをする会社です。
リゾート物件の処分に役に立つ情報を発信しております。

 

リゾート物件の処分についてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-152-993

2023年08月03日|コラムのカテゴリー:負動産の処分